インプラントの扱い

自分の歯というのは、一生付き合っていくものだから大切にしなければならないと言われていますが、虫歯やその他にも怪我などによって差し歯になってしまう人もいます。
しかし、口腔内の状況によって入れ歯などが合わず、何度も何度も作り直したり強い痛みを感じて食事がしっかりとできないという悩みを抱えてしまうこともあります。
近年では入れ歯や差し歯といった方法だけではなく、インプラントが普及してきておりこうした方法を選択する人も多くなりました。

ただし、インプラントは自分の歯と同じように付き合っていくことができる反面、保険が適用されず、非常に高い費用がかかってしまうというイメージがあります。
確かにインプラントを扱っているクリニックは保険が適用されず、全て実費というケースがほとんどですが、中にはしっかりと保険を適用させてくれるクリニックもあります。
また、インプラントの必要性に関しても保険が適用されるか否かが変わってくるので、まずはクリニックでしっかりと相談することが大切です。

自分自身の希望によってインプラントを選択する場合には保険が適用されません。
顎の状況やその後歯茎の状況などから、どうしてもインプラントにしなければならないというケースであれば保険診療となることもあります。
こうした部分から自由診療扱いなのか治療としての扱いなのかによってインプラントにおける保険の扱いが変わってきますので覚えておきましょう。
絶対的に保険が適用されないものではありません。
また、インプラント手術を行った後の手直しなどについても必ず詳しい説明を受けた上で手術に踏み切ることも大切です。



[PICK UP]
自分の歯と同じように付き合っていくことができるインプラントを施術している新橋のインプラントセンターです ⇒ ⇒ 新橋のインプラントセンター

Copyright © 2014 インプラント治療で保険は適用される? All Rights Reserved.